キラキラ☆アイ 二重整形WEBマガジン|広島版 » 二重整形の種類 » 埋没法 » 埋没法は取れちゃうってホント?

埋没法は取れちゃうってホント?

埋没法は絶対に取れないという保証はない

比較的リーズナブルでダウンタイムも短い埋没法は、手軽にできる「プチ整形」としても人気の二重整形です。しかし、数年程で縫い留めた糸が取れてしまうというデメリットも存在します。

最近のクリニックでは、独自の技術により通常よりも取れにくい埋没法もあるようですが、絶対に取れないという保証はありません

糸でまぶたを数か所留めるだけの施術なので、時間の経過と共に糸が緩んだり切れてしまう可能性は高いです。二重の持続期間には個人差があり、数か月で取れてしまう人もいれば10年以上二重をキープしている人もいます。

では、取れてしまう前には何か予兆があるのでしょうか?埋没法の持続期間や取れてしまう原因などについて紹介します。

埋没法が取れる予兆はある?

もしかして、埋没法の糸が取れる予兆?これってもしかしてとれかけているの?と思っていても、自分で判断するのは難しいですよね。埋没法が取れかけている可能性が高い症状としては、以下のようなものがあげられます。

これらの症状がある場合、糸が緩んでしまっている可能性が高いので、施術を受けたクリニックに相談してみましょう。保証期間内であれば費用を抑えて再手術が可能です。

また、他にも埋没法が取れる前兆として、目にゴロゴロとした違和感を感じるかたもいるようです。ただ、万が一取れてしまっても二重をキープしていた時間が長い人は、そのまま二重を維持できる場合もあります。逆に埋没法の持続期間が短かった人やむくみ・腫れが目立つ人は、二重のクセが付かず元の目に戻ってしまうかもしれません。

埋没法が取れてしまう原因とは?

原因1:医師の技術不足

埋没法の糸が取れてしまう原因の1つに、医師の技術力不足が挙げられます。施術を行う医師の技術が未熟だったり経験が浅い場合、糸がきちんと定着せず緩んだり切れてしまいやすいです。

せっかく二重を手に入れても短時間で取れてしまっては意味がありません。そのためは、埋没法を受ける際には、技術が高く経験豊富な医師が在籍するクリニックを選択しましょう。

原因2:自分自身の日々の行動の可能性も…

まぶたの裏で糸を結び二重を作る埋没法は、外敵刺激に弱いという特徴を持っています。洗顔やメイクの際に目元を強く擦ったり引っ張ったりすることで、結び目が緩んでしまうのです。目元のマッサージやクレンジングは優しく行い、特につけまつげなど、まぶたを引っ張る行為は注意しましょう。

原因3:そもそも、まぶたの状態にあわない施術法だった

まぶたの皮膚が厚い・脂肪が多い・二重幅の広いデザインの人は、糸に負担がかかりやすいため糸が取れやすい傾向にあります。この場合、再度埋没をしても取れやすいと思われるので、切開など他の二重整形の施術を検討してもいいでしょう。

当サイトでは、広島にある二重整形が受けられる美容クリニックを調査。その中でも、院長がカウンセリング・施術を行ってくれるワンドクターのクリニックは以下の3院をピックアップして紹介します。各クリニックの埋没法・切開法の料金も調べたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ 院長が施術してくれる /
ワンドクター制のクリニック3院in広島
すず美容形成外科医院

日本形成学会認定専門医

電話番号 : 082-222-6671

院長:岩垂 鈴香 医師
埋没法2点 8万円
埋没法4点 10万円
二重全切開 25万円
さくら美容クリニック

日本外科学会専門医

電話番号 : 0120-212-238

院長:棒谷 智之 医師
埋没法2点 -
埋没法4点 8~10万円
二重全切開 25万円
ナチュレ美容クリニック

日本美容外科学会専門医

電話番号 : 082-836-4821

院長:長谷川 淳一 医師
埋没法2点 12万円
埋没法4点 -
二重全切開 25~35万円