埋没と切開どっちがおすすめ?

二重整形を検討している人は、「埋没法と切開法のどちらが良いのか」と迷ったことがあるのではないでしょうか。

希望する二重やそれぞれのまぶたの状態で違うので、一概にどちらがおすすめとは言えません

そこで、埋没法と切開法の施術方法の違いやメリット・デメリットなど比べて紹介するので、自分に合った施術法がどちらかを判断するための目安として、ぜひチェックしてみてくださいね。

二重整形の埋没法と切開法の違い

埋没法と切開法どちらの施術を受けるかによって、持続期間やダウンタイム、メリットやデメリットが異なります。

手術費用も比較的安く、手軽にできることから「プチ整形」と呼ばれる埋没法

埋没法は費用も安く手軽にできることから、「プチ整形」として身近な二重整形になります。メスを使わずに医療用の針と糸を用いて、二重にしたい部分に糸を通していく施術です。

施術時間は両目合わせても10分~20分程度と短く、施術後に再度クリニックに行く必要もありません。まぶたを切開しないので、ダウンタイムや二重が完成するまでにかかる時間も短いのが特徴です。

ただ、埋没法はまぶたの裏に何点か玉留めをする施術となり、時間の経過とともに糸が緩んだり切れてしまうというデメリットもあります。永久的に取れない糸は無く、一般的には1年~3年で元のまぶたに戻るケースが多いようです。

まぶたが厚かったり脂肪が多い人や、希望する二重幅が広い場合は糸に負担がかかりやすいので、埋没法はあまり向いていません。逆に自然な二重にしたい人や、切開をする前にどんな感じか試してみたいといった方には向いている施術法です。

皮膚を切開し、縫合することで二重を作る切開法

切開法は希望の二重ラインに沿ってまぶたにメスを入れ、傷口を縫合することで二重を作る施術です。

埋没法と違い、まぶたを切開するため、ダウンタイムや二重が完成するまでの期間が長くなります。

個人によってダウンタイムの差は変わりますが、施術後から1週間程度は傷や腫れが目立ちます。その為、症状が落ち着くまで、ダウンタイム期間を長く確保できる時に施術を受ける方が多いようです。

また施術から5日~7日後に抜糸を行うため、最低でも2回はクリニックに通う必要があります。ただ、切開法は1度施術をしてしまえば、一重に戻るということはなく、二重まぶたを維持できます。

このように埋没法と切開法には、それぞれ施術内容やダウンタイム、メリットやデメリットが存在します。

自分の希望する二重の形、瞼の状態にあわせた選択をしよう

費用をかけずにより短期間で二重を完成させたい人や自然な二重を手に入れたい人、将来的に二重の形を変更したい人は埋没法を選ぶとよいでしょう。

一方で半永久的に理想の二重を持続したい人やダウンタイムを確保できる人、まぶたの脂肪やたるみも改善したい人は切開法がおすすめです。

\ 院長が施術してくれる /
ワンドクター制のクリニック3院in広島
すず美容形成外科医院

日本形成学会認定専門医

電話番号 : 082-222-6671

院長:岩垂 鈴香 医師
埋没法2点 8万円
埋没法4点 10万円
二重全切開 25万円
さくら美容クリニック

日本外科学会専門医

電話番号 : 0120-212-238

院長:棒谷 智之 医師
埋没法2点 -
埋没法4点 8~10万円
二重全切開 25万円
ナチュレ美容クリニック

日本美容外科学会専門医

電話番号 : 082-836-4821

院長:長谷川 淳一 医師
埋没法2点 12万円
埋没法4点 -
二重全切開 25~35万円