どれくらい持続するの?

二重整形が持続する期間

二重整形はどのくらい持続するのでしょうか。埋没法や切開法で持続時間が異なるので、施術法を選ぶ際の参考にしてくださいね。

埋没法

埋没法の持続時間は個人差が大きいため、一概に年数を言うことはできません。平均的に3~5年程度で、糸が切れてしまい二重が取れると言われていますが、中には1年も持たずに糸が緩んでしまう人や10年以上経っても二重のラインが綺麗に残っている人もいるようです。

なぜ持続時間が大きく異なる理由として挙げられるのが、まぶたの状態や普段の生活リズムの違い。まぶたの厚みがある人や二重の幅が広いほうが外れやすい傾向にありますので、埋没法向きのまぶたかどうか、施術を受ける前に確認しておく方が良いかもしれません。また二重幅が広すぎるようなデザインも避けることで持続時間を長くすることが出来ますよ。信頼できる医師と話し合いながら、埋没法を行ってくださいね。

埋没法を長持ちさせるには

埋没法は普段の些細な動作で取れやすくなりますが、逆にちょっとしたコツで持続時間を長引かせることもできます。せっかく綺麗な二重を手に入れたなら、長引かせるような習慣を心がけてくださいね。

埋没法は再施術も可能

埋没法のメリットともいえる点は何よりも修正可能と言うところ。切開法の場合、皮膚自体を切っているため修正は容易ではありませんが、埋没法は糸で留めているだけなので、デザインに不満がある場合など再施術することができます。また糸が緩む、取れた場合も再施術によって二重をつくることも可能です。

しかし状態によっては埋没法を行えないケースもあるため、まずは瞼の状態を医師に診てもらってくださいね。

切開法

切開法はダウンタイムが長い、費用が高いなどデメリットもありますが、持続時間が半永久的というメリットもあります。そのため、一度施術を行えば糸が取れて二重のラインがなくなるといった心配ははありません。

そのため埋没法のように、目元に刺激を与えないように気を付けることはありません。たとえば花粉症の方で目にかゆみがある場合、埋没法は基本的に擦ることはNGです。しかし切開法であれば、少しであれば擦っても問題はないでしょう。普段通りの生活が送れるのは切開法の魅力と言えます。

切開法を長持ちさせるには

切開法は、術の性質上特に長持ちさせる方法はありません。ただし完成する前に目をこすってしまうと、傷口を広げげてしまいます。そのため、しっかり皮膚が癒着するまでは目元は触りすぎないように心がけてください。

二重の状態が完成するまでに数か月は要するため、その期間は無理をせず安静に過ごしましょう。切開法を行った後で不安なことがある場合には、担当医に相談してくださいね。

\ 院長が施術してくれる /
ワンドクター制のクリニック3院in広島
すず美容形成外科医院

日本形成学会認定専門医

電話番号 : 082-222-6671

院長:岩垂 鈴香 医師
埋没法2点 8万円
埋没法4点 10万円
二重全切開 25万円
さくら美容クリニック

日本外科学会専門医

電話番号 : 0120-212-238

院長:棒谷 智之 医師
埋没法2点 -
埋没法4点 8~10万円
二重全切開 25万円
ナチュレ美容クリニック

日本美容外科学会専門医

電話番号 : 082-836-4821

院長:長谷川 淳一 医師
埋没法2点 12万円
埋没法4点 -
二重全切開 25~35万円