親を説得させる方法は?

二重整形が身近になったといっても、親からは金銭面やリスクなどの不安から反対される人もいるのではないでしょうか。未成年が二重整形を受けるためには、必ず親の同意書と承諾書が必要になります。ここでは、二重整形をするため、実際に親を説得するための方法や親を説得させた方の口コミなどを紹介します。

方法1:日頃から目元に悩みを抱えていることをアピールする

二重整形で親を説得させるためには、まずは日ごろから目元に悩みを抱えていることをアピールしてみましょう。目元にコンプレックスを抱えている、アイプチなどの工夫をしているなどを伝えるのも良いです。

あなたが普段から目に悩みを持っていることを知らなかった親の場合、「悩みを解消してあげたい」と二重整形に納得してくれる可能性があります。

方法2:一緒にカウンセリングだけでも受けてほしいとお願いする

二重整形の施術をするかしないかは別として、まずは美容クリニックにカウンセリングに行ってみたいとお願いしてみましょう。すぐに二重整形の施術を受けるわけではないので、親としても「まぁカウンセリングにいくだけなら…」と心理的にもハードルは低いはずです。

方法3:親を説得する前に、カウンセリングの予約を入れてしまう

すでに行動に出ているという点で本気度を伝えられますし、口だけで終わってしまうのを避けられるでしょう。カウンセリングに行けば、自分の瞼にあう整形の種類やかかる費用などの見積もりももらえます。

方法4:二重の施術費用は自分でためる

二重の手術にかかる金額がわかれば、自分でアルバイトをしたり、お年玉をためることもできます。お金が用意できるのであれば、金銭的な理由で反対している親の場合はクリアできるはずです。そして、その本気度も親に伝わるでしょう。

それでも二重整形を反対される場合は、じっくり向き合って話し合いましょう。今まで抱えていた目の悩みを解消するために、お金を払ってでも二重整形をしたいこと、今後の人生を幸せに過ごすために二重整形を認めてほしいとお願いしてみてください。

親を説得するためにみんながしているアイディアを紹介

子どもの真剣な思いは、親の心にもきちんとストレートに響くものです。最近では、アイプチやテープなどの二重を作るためのグッズも増えていますが、これらはどうしてもまぶたが伸びるなどのデメリットが存在します。そういった苦労もエピソードの中に含ませると、いかに自力で二重を保つのが大変かが伝わるのではないでしょうか。

また親の目線になって考えることも大切です。どうして二重整形を反対しているのかを考え、一旦受け止めるのも必要でしょう。お互いの気持ちを理解し合えれば、きっと説得も上手くいくはずですよ。

\ 院長が施術してくれる /
ワンドクター制のクリニック3院in広島
すず美容形成外科医院

日本形成学会認定専門医

電話番号 : 082-222-6671

院長:岩垂 鈴香 医師
埋没法2点 8万円
埋没法4点 10万円
二重全切開 25万円
さくら美容クリニック

日本外科学会専門医

電話番号 : 0120-212-238

院長:棒谷 智之 医師
埋没法2点 -
埋没法4点 8~10万円
二重全切開 25万円
ナチュレ美容クリニック

日本美容外科学会専門医

電話番号 : 082-836-4821

院長:長谷川 淳一 医師
埋没法2点 12万円
埋没法4点 -
二重全切開 25~35万円